YNS WEDDING

YNSの「ドレスで失敗しない」ために

YNSのドレスで失敗しないために

「YNS のドレスで失敗したくない・・・」
「オーダードレスってどうやったら綺麗に着れるの?」
「YNS のドレスに興味はあるけど・・・大丈夫なの?」

疑問

YNS のドレスはオーダーメイド。ドレスを着用される環境も様々。
「綺麗に着れなかったらどうしよう・・・」と
と、どうしても少し不安にもなりますよね。

そこで、YNS のドレスで 失敗しないためのポイント をご紹介しています。
ヘアメイクの方やスタイリストの方でドレスの着用に不慣れな方がいらっしゃるかもしれません。
オーダードレス・レンタルドレスともに念のためのドレス着用の際のセルフチェックとしてご活用いただければと思います。

YNSの「ドレス着用で失敗しないため」のポイント

ドレスを着用する際の失敗しないためのポイントを大きく分けると以下の3つです。

・ドレスを着用する際の「ブライダルインナー」
・パニエ
・ドレスの着用

レンタルドレスにも共通するポイントでもあります。
以下、具体的な例をピックアップして掲載させていただいております。

ブライダルインナーによる失敗例

「なぜブライダルインナーが大切なの?」

オーダー&レンタルのドレスを綺麗に着るためには「ドレスのサイズ」が大切です。
「ドレスのサイズ」は通常ブライダルインナーを着用した際のサイズで製作(レンタルの場合は調整)されます。
もちろんブライダルインナーの補正力も大切です。

インナー選びでドレス姿が綺麗に見れない例

ドレス着用時に脇肉がはみ出る

ドレス着用時に脇肉がはみ出る

試着していないインナー、ご自身のサイズに合っていないインナーでは、ドレスを綺麗に着用できなくなってしまう場合があります。

オーダーやレンタルを問わず、ブライダルインナーを着用して花嫁様のサイズを測りドレスのサイズが決まります。
例えばサイズを測る際に着用したインナーのカップを変更することで綺麗に着用できなくなる場合があります。

原因:カップサイズ or インナーサイズが合っていない
  1. カップサイズが合っていない or 小さめのブライダルインナーを選ばれる
  2. インナーからバストがあふれてしまう
  3. 脇肉がはみ出る

ドレスに胸が収まりきらず、ビスチェラインが浅くなる

ドレスに胸が収まりきらず、ビスチェラインが浅くなる

オーダーに限らずレンタルでもブライダルインナーで補正したお体のサイズを採寸します。
採寸の際にはカップを含めたサイズでドレスのサイズが決まります
カップを変更されますとドレス全体のサイズに影響する場合があります。

原因:カップサイズを変更
  1. インナーのサイズを決めドレスのサイズを測る
  2. その後、挙式当日や直前にパットを入れてボリュームを出すようにカップを変更する
  3. ドレスのカップが合わないため、胸が収まりきらずビスチェラインが浅くなる

ドレスのバストラインが綺麗にでない

ドレスのバストラインが綺麗にでない

原因:インナーの種類(機能)を変える

例えば、お体のサイズを測る際にバストアップインナーを着用され、挙式当日や直前に「胸をつぶして抑えるインナー」へ変更された場合は、当日着用されるドレスのバストサイズが合わなくなってしまいます。

バストとウェストがフィットしない

ドレスのバストラインが綺麗にでない

原因:ブライダルインナーから急遽ヌーブラへ変更

お体のサイズを測る際にバストアップインナーを着用され、挙式当日や直前に「やっぱりヌーブラかな」と変更された場合は、当日着用されるドレスのサイズが合わなくなってしまいます。

ビスチェ(ドレスの胸元)が曲がって見えてしまう

特にドレスのビスチェがハートラインの場合、バストの左右の大きさが異なることでビスチェが綺麗に見えないケースがあるかもしれません。
こちらのようなケースの場合は調整することをおすすめしています。

サイズが全体的に変わってしまう

ドレスのバストラインが綺麗にでない

原因:ブライダルインナーの補正力が変わる

ブライダルインナーには、補正力が「しっかりとしたもの」と補正力が「ないもの」があります。
補正力によって「ドレスのサイズ」(レンタルの場合は調整するサイズ)が変わってきます。

まとめ

  • オーダー、レンタルともにドレスのサイズを測った後はできるだけブライダルインナーを変更しないことをおすすめします。
  • オーダー、レンタルともにブライダルインナーを変更される場合は、インナーご購入前にスタイリストへ相談されることをおすすめします。

パニエによる失敗例

「パニエなんて何でも良いんじゃないの?」

ドレスのスカート部分のボリュームを綺麗に出すパニエ。
しかし選んだパニエの種類や着用位置を間違えるとスカートの広がりが綺麗にでません

パニエでドレス姿が綺麗に見れない例

スカートが綺麗に広がらない

スカートが綺麗に広がらない

原因:パニエの着用位置が上過ぎ or 下過ぎ

パニエには適切な着用位置があります。
パニエの着用位置が適切でないと、スカートを綺麗に広げることができません。

ドレスの裾が浮く or ドレスのスカートが広がり過ぎる

ドレスの裾が浮く or ドレスのスカートが広がり過ぎる

原因:パニエの広がりとドレスのスカートの広がりが合っていない

パニエには、ドレスのスカートを「大きく広げるもの」や「抑え気味に広げるもの」など色々な種類があります。
パニエにドレスを合わせようとするとスカート部分が綺麗に広がらない場合が多くなります。

ドレスのラインが崩れる

ドレスのラインが崩れる

原因:パニエでスカート広がりを持たせる設計のドレスにパニエを利用しない

適切なパニエを着用されない場合、パニエ着用を前提に設計されたドレスのスカートラインを綺麗することはできません。

まとめ

  • オーダー、レンタルともに各店舗で扱っているドレスに合ったパニエを利用されることをおすすめします。
  • オーダー、レンタルともにどうしてもパニエを変更されたい場合は、スタイリストに相談されることをおすすめします。

ドレス着用による失敗例

「ドレスは一人でも着用できるんじゃないの?」

ドレスは一般的なお洋服とは異なり一人での着用は困難です。
必ずスタイリストやヘアメイクの方、ご親族と一緒に着用してください。

ドレスを綺麗に着れない例

ビスチェ(胸元)が綺麗にならない

ビスチェ(胸元)が綺麗にならない

ビスチェのラインが適切な位置でない(「上過ぎ」または「下過ぎ」)とドレスを着用できません
YNS WEDDING では、お客様にポイントをまとめた「ドレスの着用マニュアル」をお配りしています。

まとめ

  • オーダー、レンタルともにドレスを一人で着用されないことをおすすめします。
  • ご親族にお願いする場合はドレスの着用が分かるマニュアルが準備されているサロンをおすすめします。

スタイリストに確認する

YNS WEDDING を
ご検討またはご利用のお客様
「インナーをサイズを測った後で変更してしまった・・・」
「インナーをバストアップからダウンへ変更したい」
など、ブライダルインナーやパニエ、ドレスの着用方法についてのご不明点や変更等のご相談がございましたら、
YNS WEDDING のスタイリストまでお気軽にご相談ください。
TOKYO SALON :03-6276-3661
OSAKA SALON :06-4708-8525
NAGOYA SALON :050-7532-7045
レンタルドレスまたは他のサロンを
ご検討またはご利用のお客様
ブライダルインナーやパニエの変更などを希望される場合は、担当されているスタイリストの方へ一度ご相談されることをおすすめします。